ニキビの根本原因は皮脂にある?

MENU

↓↓顎ニキビに効果的な「メルライン」が返金保障付き!↓↓


メルライン

ニキビの根本原因は皮脂にある?

ニキビというと、なんとなく原因になるのはアクネ菌という細菌である。と思っている人も多いのではないでしょうか?

確かに、アクネ菌が毛穴などに入り込み、そこで増殖してしまい、このアクネ菌が排出する分泌物などが皮膚の炎症を引き起こしてニキビになるのですが、そもそもこのアクネ菌が毛穴に入り込む理由というのは、皮脂なんです。アクネ菌は皮脂を好んで餌にします。餌が沢山あれば、アクネ菌はどんどん増殖して行きます。

 

皮脂がなければ、アクネ菌は餌がないために増殖することが出来ないので、ニビキは出来にくくなるんですよね。ならば皮脂をキレイに洗い流してしまえば、ニキビはできないのか?というと、そんなことはないんです。皮脂はもともと皮膚を守るためには必要なもので、皮脂を完全に洗い流してしまうと、今度は皮膚を守るために肌はより皮脂を分泌しなければならないと思い、過度な分泌が起こります。

 

結果としてより皮脂が過剰分泌状態になって、ニキビの原因になってしまうんです。
まず大切なのは、皮脂を洗い流し過ぎないことになります。適度に皮脂がある状態をキープすることが、お肌にとっては良い環境であり、ニキビが出来にくい状態を作ることに繋がります。皮脂はニキビの原因ではありますが、決して皮脂だけが根本原因ではないということを理解する必要がありますよね。ニキビは皮脂、汚れ、アクネ菌といったさまざまな複合的な原因によって起こることを理解しましょう。


顎ニキビがひどい時はTOPページを参照にしてみてください!